給食・食育レシピ

10月クッキング保育「5歳児さんま焼き」

美咲こども園、毎年恒例の5歳児によるさんま焼き体験を行いました。炭火を使い、じわじわと焼くさんまお味は格別ですした!!

生のさんまをじっくりと観察中。「なんだか、牛の色みたい…」と感想。なるほど!!

つんつくつん!もみもみ!興味津々でさんまを触る子ども達。

とっても元気の良いさんまみたい!思わず手の中から飛び出したかのような一枚。

さて、クッキングの始まり。
5歳児が一匹一匹丁寧に
洗って、塩もみ。

炭火の準備も整いました。子ども達が順番に、下準備したさんまをコンロに運びます。

「先生!美味しく焼いてちょうだいね」「はい、お任せ下さい!」

もくもくあがる白い煙から、美味しい匂いが伝わってくるようです。いい感じに焦げもついてきました!

「つばさ組さん、美味しく焼けた??」と3歳児がやって来ました。焼きたて、ホヤホヤを「いただきま~す」

さて、給食の時間。今年も、骨のみになるまで、じっくりと丁寧に食べる子ども達の姿が見えました。毎年の経験の積み重ねですね。

「じゃ~ん!ぼく、骨だけ!」と自信満々でピースサイン☆

焼きたてのさんまは格別に美味しいね。

ちょうどいい塩加減で、とっても美味しいさんまでした。

つばさ組の皆さん、今日はみんなのために美味しいさんまを焼いてくれて本当にどうもありがとうございました!みんなの美味し笑顔が輝いていましたね。今度は、芋ほり体験を楽しみましょう!おでぶちゃんのお芋が、たくさんでありますように♡