給食・食育レシピ

10月クッキング保育 にじ組「新米おむすび作り」 そら組「芋煮汁作り」

 

今回はクラスに分かれてクッキング保育を行いました。
にじ組は今日からの新米の「はえぬき」を使って塩むすびを作りました。

炊き立ての新米の香りはどんな匂いかな?

「うわぁ~~いい匂い!」

ツヤツヤのお米で粒が立っているね!

混ぜた後は、塩でほんの少し味付けします

お米の味が引き立つように、パラパラとちょっぴりだけの味付けです。

みんなにはナイショでにじ組だけで味見してみました!ホカホカご飯で味付けもバッチリです(^_^)v

さあ、ここからが本番!みんなの分のおにぎりを頑張って握ります(^○^)

お皿にラップを引いてご飯をよそってもらったら、温かいうちにぎゅぎゅぎゅっと握っていきます。

優しくお米がつぶれないようにぎゅぎゅぎゅ(*^。^*)

「わたしもできたぁ~♡」

最後まで頑張って握ってくれたにじ組のみなさん!60個ほどのおにぎりが完成しました(#^.^#)

最後はハイポーズ>^_^<

そら組は前回に続いて「キッチンバサミ」を使っての食材切りに挑戦しました。

まずは調理師の茜さんからキチンバサミの使い方などの説明を聞きました。

一つ目の食材は「人参」です。予め薄くスライスしておいたものを、短冊上に切っていきます。

二つ目の食材は「長ねぎ」です。1センチ幅に輪切りにしました。最後の短くなったところは慎重に(*^_^*)

3つ目の食材は「こんにゃく」です。柔らかくて難しいときはハサミではなく、スプーンを使って小さくちぎりました。

みんなで切り終えた食材を鍋に集めます。そこから下ゆでなどして仕上げてもらいます。

「おいしい芋煮汁にしてください」とそら組のみんなが給食室に食材を持ってきてくれました。ここからはバトンタッチして、下ゆでなどして美味く仕上げていきます。

待ちに待った給食の時間!新米むすびと芋煮汁が完成しました!

今日は天気も良かったので園庭での「芋煮会」を行いました!(^^)!

「山形風芋煮汁」と「庄内風芋煮汁」の2種類を作り、自分の好きな方を選んでいただきました(#^.^#)

「おかわりは庄内風にしようかな」「俺は、山形風が好きになった」とそれぞれを味わって楽しむ姿が見られました。

「新米むすびサイコーーー」(^○^)

みんなで食べると「おいしーーーい」(^○^)

山形ならではの「芋煮会」は、たくさんの素敵な笑顔がみられました。ごちそうさまでした(^_^)v